戻る

丸亀製麺のうどんの味を支える、北海道の小麦と
昆布の生産者・加工業者のもとへ山口社長と
城島社長が訪問。
作物に対する熱い「想い」を
伺ったのち、皆さまをもっと元気にするために、
キッチンカーで打ち立て・茹でたての
うどんを振舞いました。

生産者の想いを聞き、昆布の加工・丸亀製麺のうどん作りを城島社長も体験

小麦生産者・昆布生産者の方から、作物への想いを聞いた後、城島社長に水揚げ後の昆布の加工、作物を使った丸亀製麺のうどん作りを体験して頂きました。

北海道で生まれた想い出の一杯

生産者の皆さまが作った小麦と昆布、北海道産の「いか」と「かぼちゃ」の天ぷらを使った、北海道ならではのオリジナルの一杯をご提供しました。

北海道で生まれた笑顔と元気

自身が育てた小麦や昆布で作られたできたてもちもちのうどんと、香り豊かなおいしいだし、地元の作物を使った天ぷらに生産者やそのご家族の皆さまのおいしいの声と笑顔が溢れました。